寝付けない夜に出会ったアモバン!そのきっかけは通販

アモバンの作用と副作用

この現代社会において、さまざまな悩みや不安をかかえている方はたくさんいます。
気分がリラックスすることもままならないのでは、十分な睡眠がとれないのではないでしょうか?

そんな時に、寝つきをよくする薬が、アモバンです。
アモバンとは、2001年にフランスのサノフィ・アベンティス社が販売した、非ベンゾジアゼピン系に属する睡眠薬です。
アモバンの特徴は、主な主成分は、ゾビクロンであり、睡眠薬として、比較的に安全性が高く、不眠症の治療などにも、広く使用されています。服用後15分ほどで眠気をもよおします。30分ほどで服用した場合、ほとんど入眠します。通常、成人は1回、7.5mg~10mgを就寝前に経口投与する。アモバンんは錠剤であり、割線が入っているため、割ることも可能。
超短時間型と言われており、服用後2~4時間だけ効果が持続するといわれ、アモバンが血液中の濃度が最高値になるまでに約1時間、半分になるまでに要する時間(半減期)までに約4時間要するので、長時間体内にとどまらない即効性があります。
そのため、翌朝の眠気や不快感も少ないことも特徴です。

副作用は、連日の服用し続けると効果が弱まることが分かっています。連日服用すると、離脱症状と言われる、不眠、不安、不快、筋肉痛、筋攣縮が多く現れ、震え、頭痛、吐き気、食欲不振などの症状が起きる可能性があります。そのため、一般的には、アモバンは連日服用はしないことが勧められています。
他の睡眠薬より比較的に安全性の高い薬のため、用法・用量を正しく守り服用するかぎりには、思い副作用はほどんどありません。ただし、即効性があるため、服用直後や夜間起床時に、一時的に健忘(記憶の低下)やもうろう状態が生じることがあります。
めったにありませんが、長期にわたり、本来の用量を超える量を飲み続けることで身体に薬が慣れた状態になり、やめにくくなります。
また、急に止めた場合、強い不安感やイライラ、不眠などの症状が現れることがあります。
症状などが現れた場合には、早めに専門の医療機関、医師にご相談下さい。

MENU