寝付けない夜に出会ったアモバン!そのきっかけは通販

切れが良い睡眠薬

不眠症は全部で4つのタイプに分けることができます。
1、入眠障害
2、中途覚醒
3、早朝覚醒
4、熟眠障害
1は「眠りたいけど寝れない…」といった、30分以上眠りにつけないタイプです。
2~4は、「途中で何度も起きていまう」、「予定時刻の何時間も前に起きてしまう」、「寝た気がしない」といった眠りにつくことは出来るものの、何らかが原因で目が覚めてしまいます。
今回はこれらのタイプの中でも?の入眠障害に適している薬「アモバン」についての紹介になります。

【アモバンとは】
この睡眠薬は1989年に発売され、寝つきを良くしてくれる薬になっています。
脳の陰茎を鎮めてくれる効果をもっています。
興奮状態や不安、緊張といった状態を改善し気持ちを落ち着かせることで、自然な眠りへと導いてくれます。
「非ベンゾジアゼピン系」という分類に含まれ、服用した後に「口の中が苦くなる」というデメリットがあります。
ですが、副作用が少ないことから安全性に関しては定評がある薬になっています。
睡眠薬は作用時間で分けることができ、
・超短時間型
・短時間型
・中時間型
・長時間型
この4つに分けることができます。
アモバンを服用してから15分ほどで眠たくなり、もっとも血液内で成分が濃くなる時間も1時間ほどとされているので、「超短時間型」の分類に入ります。
従って「速効性」があり、からだの中に「成分が長く留まらない」という特徴があるので、切れも良く"入眠障害"の人に向いています。

【副作用】
睡眠薬としてはかなり切れの良い薬になるので、正しい服用を行っている限り副作用を心配する必要、ほとんどありません。
ただし、服用してからスグに眠くなるので眠る直前での服用をお心掛けてください。
仮眠程度や飲んでから立ち歩くと「ふらつき」などによって転倒の恐れがあります。
また海外通販などでも購入できるようですが、飲み慣れている人は構いませんが、はじめて服用する場合には通販で購入することは控えてください。
というのも、服用量を誤ったりすると「依存症」になる可能性もあるので、個人的に通販で購入するのは便利ですが初めては医師から処方してもらうのがオススメ。

睡眠障害にはアモバンがおすすめです。

MENU